×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




 Cologne 2006


2nd February 〜 5th February 2006   /


私のお誕生日のお祝いに、ドイツ・ケルンに行ってきました。


::: 1日目 :::


夕方に家を出て、夜の9時すぎにKoln Bonn空港に到着しました。

空港からケルンの街までは、列車で約20分。

ホテル到着後、せっかくなので少しだけパブに飲みに行くことにしました。



:: Fruh am Dom ::

Am Hof 12
50667 Koln
tel. +49 221-26130






ケルンの地ビール、Kolschでまず乾杯。

パイントグラスではなく、小さめの細長いグラスに注がれて出てきます。

Benflintは少し物足りなさそうでしたが、あまり飲めない私にはちょうど良いサイズ。

もう一軒パブに行って、この日はホテルに戻りました。


::: 2日目 :::


私のお誕生日。おいしいお食事にお買い物がこの日の目的です。

まずはお買い物。そして、街をブラブラしていて少し疲れたので休憩するためにカフェに入りました。
落ち着いた雰囲気でゆっくりできるカフェ。

Orange Finesseがとてもおいしかったです。

ヨーグルト+オレンジで癖になる味。



:: Cafe Jansen ::

Obenmarspforten 7
50667 Koln
tel. +49 221-2727390
そして、Dom Hotelに入っているレストランで、Birthday Dinnerです。

こちらのレストランは、雰囲気もサービスも◎です。もちろんお料理も最高。



:: Le Merou ::

Domkloster 2a
50667 Koln
tel. +49 221-2024475





私は前菜に牡蠣、Benflintは鮪を、それぞれいただきました。

牡蠣の文字を見た瞬間に即決したのですが、結果的にこれは失敗。

私は生のトマトが苦手なのですが、この牡蠣は生のトマトとともに調理されて出てきたのでした(涙)。

表面は火が通っているように見えますが、生のトマトそのものの味はしっかり残り、私にはちょっとつらかったです。

シェフの方、ごめんなさい…。

ちなみにBenflintの鮪は、とても美味しかったそうです。






私のメインは鱈+帆立貝、Benflintは子牛のステーキ。

メインはもう文句なしの美味しさでした。Benflintのステーキも、大満足のお味だったようです。

この段階でもうお腹いっぱいだったのですが、ここまで来てデザートをいただかないわけにはいきません。

というわけで、最後にデザート。






デザートには、オレンジのソルべ+クレーム・ブリュレ3種をいただきました。

このオレンジのソルべの美味しさにはびっくり。間違いなく、私が今まで食べた中で最高のソルべでした。

クレーム・ブリュレももちろん美味しかったのですが、お腹がいっぱいすぎて食べきれませんでした。残念。

Benflintのデザートも、見た目が華やかでとても美味しそうでしたよ。

心もお腹も大満足。ごちそうさまでした。






お食事の後は、お散歩。

こんなドイツらしい建物があちこちに…。

この広場は、かつてフィッシュマーケットがあった場所だそうです。






そして、またまたお買い物へ。

私はサンダルと手袋、Benflintは皮のジャケットをそれぞれ購入しました。






そうこうしているうちに、あっという間に夜になってしまいました。

そして、雪がチラチラと…。

少し霧がかった夜の大聖堂がとても神秘的で美しかったので、思わず見とれてしまいました。


夕食は軽めにするはずだったのですが、何を間違えたのかステーキハウスに入ってしまった私達。

で、出るに出られず。ステーキ、しっかりいただきました。

そして、お腹いっぱいのまま、おやすみなさい。


::: 3日目 :::


3日目は観光の日です。

とはいっても、そんなに観光する場所があるわけではないので少しだけですが…。

まずは、Benflintがどこからか情報を探し出してきたチョコレート博物館とやらへ。

お散歩もかねて、ライン川沿いを歩いて行きました。






この観光客用のバス、チョコレート博物館のすぐ側の通りを走っていました。

博物館をひととおり見学した後は、館内にあるお店でいろんなチョコレートを物色。

英国のスーパーで買えるものから珍しいものまでたくさんあり、見ているだけでも楽しかったです。


その後、大聖堂の近くにある可愛いカフェで、ランチを摂りました。

あまりお腹が空いていなかったので、私はドリンクとサラダのみ。Benflintはサーモンとサラダを。

デザートも食べたかったのだけれど、お腹がいっぱいだったのであきらめました。



:: Cafe Reichard ::

Unter Fettenhennen 11
50667 Koln
tel. +49 221-2578542



さてお会計、となり、このカフェではクレジットカードが使えないことが判明。

現金を25ユーロ程しか持っていなかった私達は、かなり焦りました。

Benflintのポケットと私のお財布の中のお金をかき集めて、なんとか支払いを済ませた時は、ホッとしましたよ。

デザート、食べなくてよかったわー。






そして、昼食後はいよいよ大聖堂へ。

登れるところがあったら、とりあえずは登ってみないと気が済まないのが私達。

ここの展望台に登るのもとても楽しみにしていたのです。


なんと、509段も階段があったのですね…。

途中、自分の上っている階段の下が見える所があり、少し気を失いそうになりました。

実は、ちょっぴり高所恐怖症の私。登るのは好きなのですが、足下が見えてしまうのはどうも苦手なのです。

下を見てしまうとクラクラしてくるので、必死で上を向いて、頑張りました。






これが展望台からの景色です。

509段、予想以上に疲れました。改めて、年をとったということを実感(笑)。






展望台から下りてきて大聖堂を出ると、何やら音楽とともに行進してくる団体が…。

何だかわからないけれど、おもしろいので写真を撮ってみました。


そして、喉がかわいたのでカフェへ。

Benflintが行きたがっていたカフェでお茶をして、Apple Strudleを二人でシェア。


ホテルで少し休憩した後は、ライン川沿いのレストランで夕食です。



:: Dohmens ::

Mauthgasse 1-3
50667 Koln
tel. +49 221-2806837






この旅行中、ずっと食べたかったドイツ料理を、やっといただくことができました。

これで、もう思い残すことはありません。満足、満足。


と、ここまでは良かったのですが、夜中に気持ちが悪くなり、嘔吐…。


::: 4日目 :::


朝になっても、気持ちが悪いまま。もちろん食欲なし。

喉はかわいていたので、朝食にオレンジジュースと紅茶を飲んだものの、それも吐いてしまう私。

フラフラして歩くのも大変な状態だったので、ほとんど一日を寝て過ごしました。

2日目、3日目と、欲張ってさんざん食べてきたのだから、これは自業自得なのかもしれません。


ケルンの街ともいよいよお別れです。

食べ過ぎと疲れ、そして寒さで、最後の最後に体調を崩してしまったけれど、なかなか楽しい旅になりました。

ありがとう。

今年も健康で幸せな一年が過ごせますように。



:: Dom Hotel Am Romerbrunnen International ::

KomodienstraBe 54
50667 Koln
tel. +49 221-160940