×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




 Paris 2007


1st February 〜 4th February 2007   /


私のお誕生日のお祝いに、フランス・パリに行ってきました。


::: 1日目 :::


Charles de Gaulle空港に到着後、バスでパリ市内へ。

早朝に家を出たというのに、パリに着いた頃にはもうお昼になっていましたよ。

少しお腹が空いていたので、のんびり歩きながらカフェを探すことにしました。

ほとんど下調べをしていなかったので、ガイドブックと付属の地図だけを頼りに…。


大きな通り沿いを歩いていると、ANGELINA発見!

というわけで、ここで昼食を摂ることにしました。





:: ANGELINA ::

226 rue de Rivoli
75001 Paris
tel. +33 1-42-60-82-00



私はモンブラン、Benflintはトマトとモッツァレラチーズのサラダを、それぞれいただきました。

モンブランは、美味しいけれど、かーなり重いです。しかも大きい…。

半分食べたら、もうお腹いっぱい。残念ながら、食べきれませんでした(涙)。

Benflintのサラダは、私も少しだけいただきましたが、とってもおいしかったです。

バゲットが、モッツァレラチーズが、英国のものとはまったく違います。このおいしさの違いは何!?






昼食の後は、お買い物をしながらホテルに向かい、少しだけ休憩してから、お散歩へ。

ちょっぴり迷ったりしながら、少しずつ道を覚えて…。


シャンゼリゼ大通りに到着しました。

休憩がてら、Fouquestでお茶(笑)。

紅茶を頼んだら、小さなフィナンシェがついてきました。ちょっと得した気分。



:: Fouquet ::

99 Avenue des Champs-Elysees
75008 Paris
tel. +33 1-47-23-50-00



気がつけば、辺りはもう真っ暗になっていました。






夜のパリも素敵です。

でも、ここで私の足も限界に…。


あまりに疲れていたため、食事をする元気もなく、少しだけ飲んでからホテルに戻ることにしました。

ところで、ここでBenflintが飲んだビール、すごく高かった!

1Lの大きなジョッキだったけど、20ユーロは高いよね?


::: 2日目 :::


この日は、ルーブル美術館へ。

まずは、カフェを探しながら、朝のお散歩。

大きな通りをひとつ入っただけで、また違った雰囲気に…。






どんなに歩いても、飽きることがありません。

途中のパン屋さんで、バゲット・サンドを買って、歩きながらいただきました。

外はパリパリ、中はしっとりのバゲットは、最高ー。

英国ではこんなの、食べられません。


で、結局、ルーブル美術館まで歩いてしまいました。






ルーブル美術館。それは、私の想像をはるかに超えるものでした。

ひとつひとつ、作品を見てまわること数時間。


歩き疲れてしまったので、「モナリザ」を鑑賞して美術館を出ることにしましたが、そこまでたどり着くのも大変。

広すぎて、すっかり迷ってしまいました。これだけたくさんあると、何が何だか…。

見たい作品とテーマを決めておくべきでした。


そして、Ladureeで遅めの昼食を摂りました。






私はあまりお腹が空いていなかったのでピスタチオのクレープと紅茶、Benflintはクラブ・サンドイッチに赤ワイン。

マカロンも食べておけばよかったかな、と今さらながら思ったりして。



:: Laduree ::

75 Avenue des Champs-Elysees
75008 Paris
tel. +33 1-40-75-08-75



その後は、エッフェル塔に行く予定だったけれど、曇り空だったので、またの機会に…。

というわけで、お買い物がてら、またまた歩きました。


この日の夕食は、和食。

「パリまで来て和食なんて…。」と思いましたが、唯一、食べたいと思ったのが和食だったのです。


パリには、街のあちこちに和食(主にお寿司)のレストランがあります。

私達の入ったレストランは、お味は普通でしたが、それよりも何よりも安くてびっくりしました。

英国にも、こんなお手頃な和食レストランがあればいいのに。


::: 3日目 :::


私のお誕生日です。






キレイに晴れ上がった素晴らしい朝。また一年、健康で楽しく過ごせますように…。

セーヌ川沿いのカフェで朝食を摂り、この日の目的地へ。






向かった先は、ノートルダム寺院でした。

なんとも素晴らしい建物です。1160年代に建設が始まり、約180年もかかって完成されたという超大作。

その繊細な美しさに、見とれてしまいました。






そして、ノートルダム寺院を後にし、サンジェルマン・デ・プレ周辺をお散歩。

この辺りには、素敵な通りや可愛いお店が本当にたくさんあります。

あー、ここで心ゆくまでお買い物がしたい、と思いつつ、カフェで休憩。

足が痛かったのです。しかも、寒かったし…。

そうこうしているうちに、前日に予約していたBirthday Dinnerの時間になってしまいました。

あーあ。サンジェルマン・デ・プレ、次回は一番に来たい場所です。


さてさて。

Birthday Dinnerは、Hotel Le Meuriceに入っているレストラン、Le Jardin d'Hiverで。



:: Le Jardin d'Hiver ::

228 rue de Rivoli
75001 Paris
tel. +33 1-44-58-10-10





まずは、アミューズブーシュに、鴨リバーのクレーム・ブリュレ。

なかなかおもしろいお味。まったりとして美味しかったです。

そして、前菜には、私もBenflintもムール貝のスープをいただきました。

Benflintは、普段はムール貝は食べないのですが、このスープのお味は気に入ったようです。

本当に美味しかったー。






メインコースには、私は鯛、Benflintは鴨肉を、それぞれオーダーしました。

鯛、久しぶりにいただきましたが、美味しかったです。

Benflintの鴨肉も、とっても美味しかったようですよ。

付け合せがおもしろい食感+お味だったそうですが、何だろう?ポテトかな?






そして、デザートには、私は洋梨のムース・タルト、Benflintは、タルト・バナーヌを。

幸せのひとときです。お腹いっぱいで、もう何も入りません。

あ、でも、最後についてきたチョコレートは、やっぱりいただきました…。

ごちそうさま!


大満足のお食事の後は、モンマルトルにお散歩に出かけました。

モンマルトルは、全体が小高い丘になっています。

というわけで、坂を上って、階段を上って…。

サクレ・クール寺院。

人気の観光地なのか、すごい人でした。ここから、パリの街が見渡せます。






多くの芸術家たちに愛され、描かれた町。

この辺りには、こんな小道がたくさんあります。小道を見つけては、吸い込まれるように入っていく私達。

どこをどう歩いていたのかは、まったく覚えていません。






そして、いつの間にか丘を下りていました。

Moulin Rougeがすぐそこに。入りませんでしたけどね…。

いつか、行ける機会があるといいな。






ここまで来て、どっと疲れが出てしまったので、ホテルに戻ることにしました。

その後、出かける元気もないだろうと、パン屋さんでパンを買い込んで、夕食代わりに…。

この夜は、早々に眠りにつきました。


::: 4日目 :::


最終日。

ラスパイユ大通りのマルシェに行きました。

このマルシェは、売られているすべての商品がオーガニックなのだそうです。

ここで、朝食代わりにガレットをいただきました。チーズたっぷりのガレットは、アツアツでおいしかったー!






生牡蠣が並んでいたので試してみたかったのですが、Benflintに止められてしまいました。

体調が万全だったら、絶対に食べたのになぁ…。


マルシェを出ると、ひっそりと静かな日曜日のパリ。


マルシェで買ったクレープを頬張りながらお散歩。

「パリの街って、どこを撮っても絵になるね。」と、Benflint。

きっと、センスがいいんだろうなぁ。お店ひとつひとつをとってもそう、パリの街全体が美しい。

いろんなものが、うまく自然に調和している感じがします。

ゴミと犬の糞だけは、どうにかしてほしいけれど…。






歩き疲れたので、サンジェルマン・デ・プレ教会の前にあるカフェで休憩です。

ここは、多くの作家や芸術家が通ったカフェだそうです。

広い店内にたくさんの人、賑やかで活気のあるカフェでした。


:: Les Deux Magots ::

6 place Saint Germain des Pres
75006 Paris
tel. +33 1-45-48-55-25



その後は、マレ地区に移動し、残り少ないパリでの時間を楽しみました。






あっという間の4日間。足を引きずりながらも、よく歩きました。

パリって本当に素晴らしい。


楽しい旅を、どうもありがとう。